進撃の期間工ブログ

現役の期間工が切磋琢磨してるブログ

アメリカで売られているわけありな6つの激安豪邸 一軒家が1000円など

f:id:tommy12023861:20191024134120j:plain

実家は2000万円で買ったそうです

 

どうも進撃の期間工です!

 都会から離れたところにある大きな屋敷、あるいは街中にある豪勢な家!

 

「そんなの高いに決まってるじゃん!」と思われるかもしれませんが、

 

中には様々な事情により、信じられないような値段の家もあるのです。

 

今回はどんな値段でも絶対に住みたくないと思うような家を6軒ご紹介します!

 

グラノット・ローマ(アメリカ・ミシガン州

アメリカ・ミシガン州スペリオル湖

 

この湖のそばにアメリカ最大のログハウスがあります。

 

「グラノット・ローマ」と呼ばれるこのログハウスは、約2000万平方平方メートルの森に囲まれており、

 

約2400平方メートルの屋敷の中に、23の寝室やプライベートマリーナがあり、とても豪華です。

 

1923年に建てられたこの家の最初の所有者はGMの創立者、リイス・カウフマン。

 

屋敷の建設には、中心部だけでも約5億6000万円かかったとされています。

 

屋敷の中も様々な調度品で溢れており、1991年には、国家歴史登録財に指定されました。

 

2015年には約45億円で売りだされたのですが、買い手は中々現れず、

 

2019年現在、約25億円に落ちたものの、未だに新しい住人はいないのです。

 

理由は不明ですが、もう少しサッパリとした家に住みたいからなのでしょうか?

 

ピラーズ・エステート(アメリカ・ニューヨーク)

ニューヨークにある豪邸、ピラーズ・エステート。

 

ヴィクトリア風のこの家は1800年代に建てられました。

 

670平方メートルの屋敷の中には、6つの寝室、3つのお風呂、5つのガス暖炉、パーラー、図書館があり、

 

そしてダンスルームまであるのです!

 

2015年6月時点では約1億円でしたが、2017年には約5000万円まで下がりました。

 

つまり1年間で半額になったことになります。

 

もし、この記事を読んでくださった方で買いたいと思った方は、次のことにご注意ください。

 

地下室の窓に子供の顔が写りますが、調べても子供はいません。

 

いないはずの子供に話しかけられることがしばしばあります。

 

寝室では髪の長い女性が立っており、階段では足音が聞こえることもあります。

 

どうやらここに住むためには、除霊にお金をかけなければならないかもしれません。

 

ロイ・ホルストンのペントハウス(ニューヨーク・マンハッタン)

f:id:tommy12023861:20191024134148j:plain

ニューヨークのマンハッタン。

 

世界で最も有名な街の一角に一軒のペントハウスがあります。

 

二階建ての温室や通常の2倍の高さの天井、キャットウォーク。テラスもあってひときわ豪華!

 

1970年代には、ジャクリーン・ケネディや芸術家アンディ・ウォーホルなどの富裕層のパーティー会場でした。

 

このペントハウスに住んでいたのは、ファッションデザイナーのロイ・ホルストン。

 

2011年には43億円で売りだされましたが、現在では27億円になっています。

 

それでも十分高いだろと思われるかもしれませんが、ニューヨークの高いペントハウスは97億円もするのです!

 

しかしながらこの家は未だに売れていません。

 

直接の原因かどうかは不明ですが、同性愛者のホルストンは時々この家に男性を招き入れていたそうです。

 

その他にも様々な事をしてスキャンダルになりましたがホルストンは1990年にエイズにより亡くなりました。

 

チャーミング・フォージ・マンション(アメリカ・ペンシルベニア州

アメリカ・ペンシルベニア州にあるこの豪邸は1749年に建てられました。

 

その後、1994年に現代的なアメニティーを組み込んで改装されています。

 

7つの寝室、4つのバスルーム、7つの暖炉、ゲストハウスを備えた720平方メートルの豪邸です!

 

何十億円もしそうですが、実際には9000万円で売られています。

 

元々の所有者であるヘンリー・ウィリアムズは重度の癇癪持ちで、1785年に亡くなりました。

 

今でも扉を大きな音で閉める音や、階段をドスドスと駆け上がる音が聞こえてくるそうです。

 

もしかしたら、亡くなった今でも成仏できない事にイライラしているのかもしれませんね。

 

モントクレア歴史センター(アメリカ・ニュージャージー州

f:id:tommy12023861:20191024134215j:plain

アメリカ・ニュージャージー州モントクレアにあるモントクレア歴史センター。

 

ここは1906年に、建設家のダドリー・アントワープによって建てられました。

 

360平方メートルの建物で、6つの寝室や3つのお風呂があり、暖炉も3つあります。

 

初のアフリカ系アメリカ人FBI捜査官となったオーブリー・ルイスが住んでいたことでも知られており、

 

市の歴史保存員会によって、守られているのも納得できますね。

 

約1億5000万円の価値があるこの家ですが、実はたった10ドルで手に入るのです!

 

ただ、これは土地代を含まない家だけのお値段になります。

 

なぜなら家ではなく、土地の方に価値があるため、購入したとしても住むことが出来ないのです。

 

つまり、自分たちの負担で家を移動させることが出来れば10ドルで購入できるということですね。

 

もしかしたら、移転費用の方が土地代よりも高いかもしれません。

 

歴史保存財に指定されているため、この家は取り壊すことも出来ないのです。

 

 シュウェップ・マンション(アメリカ・イリノイ州

イリノイ州レイクフォレストにある豪邸、シュウェップ・マンション。

 

ここは1917年に建築家のフレデリック・パーキンスによって建てられました。

 

面積は1950平方メートルで、12個の寝室や11個のお風呂場があります。

 

建築当初はローラ・ジェットとその夫、チャールズが住んでいたのですが、

 

持ち主のローラは1937年に心臓発作で亡くなったのです。

 

そしてその4年後、夫のチャールズ氏は自殺してこの世を去ってしまいます。

 

「一晩中起きていた。「これ」はヤバい」という遺書を遺して。

 

それ以来、この家は幽霊屋敷とみなされ、住んでいたのは夫婦一組だけです。

 

しかもすぐに離婚してしまったのです。

 

2007年、この家は20億円で売られていたものの、現在は半額の10億円で売られています。

 

果たして、チャールズ氏が書き残した「これ」とは一体何だったのでしょうか。