進撃の期間工ブログ

現役の期間工が切磋琢磨してるブログ

人類が絶対に行ってはいけない危険すぎる宇宙の惑星5選

f:id:tommy12023861:20191007213316j:plain

ロケットで宇宙に行ってみたい

 

どうも進撃の期間工です!

 不思議と謎に満ち溢れている空間、宇宙。

 

例えばそこには、太陽より百万倍も重たい超巨大ブラックホールがあり、

 

時速480万キロという速度で暴れまわっているとも言われています。

 

そして他にも危険な場所がたくさん存在しているのです!

 

今回は宇宙で最も危険な場所を5つご紹介いたします!

 

この記事を読んでくださった方は是非コメントしてみてくださいね!

 

目次です!

 

人類が絶対に行ってはいけない惑星①:金星

f:id:tommy12023861:20191008212618j:plain

太陽系の2番目の惑星・金星。

 

質量は地球の0.815倍と、大きさや地質学的には地球に酷似している星となっています。

 

しかし、地表は強烈な毒ガスが吹き荒れ、500度もの熱気に包まれており、気圧は地球の100倍にも達します。

 

ちなみに太陽系の第8惑星である海王星では常に時速24000のジェット気流が吹き荒れているのです。

 

地球から比較的近いとはいえ、安全とは程遠いようですね!

 

人類が絶対に行ってはいけない惑星②:ペガスス座51番星

ペガスス座51番星は、地球の150倍程度の大きさを誇る巨大なガス惑星です。

 

ほとんど水素とヘリウムから出来ており、主星によって1000度を超える高温で熱されています。

 

主星とペガスス座51番星との距離は、太陽から地球間のおよそ100分の1と非常に近く、

 

その熱によって大気に非常に強い風が生まれています。

 

熱い空気が上昇すると、代わりに秒速約800メートルという速さで冷たい空気が吹き降りてくるのです。

 

このように猛烈な熱はこの惑星を構成する鉄を簡単に蒸発させます。

 

水蒸気でできる地球の雲と同じように、鉄の蒸気が上昇し、鉄で出来た雲を形成するのです。

 

鉄で出来た雲は溶解性鉄の雨を生み出し、それがこの惑星に猛烈に降り注いでいます。

 

もし、あなたがこの星を訪れる際は、傘を持参した方がよさそうですね。

 

人類が絶対に行ってはいけない惑星③:おおいぬ座VY星

現在までに確認できている星の中で、最大のものは「おおいぬ座VY星」です。

 

赤色超巨星と呼ばれる種類の一つで、直径は太陽の1420倍、体積に至っては35億倍と推測されています。

 

1周の距離は、80億キロメートル以上になるので、飛行機で1周しようとすると900年以上かかるのです。

 

ちなみに、このおおいぬ座VY星の寿命は残り少なく、まもなく最期が近づいていると推定されています。

 

この星は最後に「超新星爆発」という大爆発を起こして壮絶な死を遂げますが、

 

地球からは5000光年も離れたところにあるため、幸いその影響を受けることは無いと考えられています。

 

しかし爆発後、星の内部は中心に向かって圧縮され、やがて巨大なブラックホールとなるでしょう。

 

人類が絶対に行ってはいけない惑星④:クエーサー

クエーサーは非常に遠方な宇宙に存在する激しく輝く天体です。

 

極めて大きなエネルギーを伴っており、その表面温度は最大で8000億℃。

 

通常のブラックホールが吸い込むのとは逆に、クエーサーは膨大なエネルギーを放出しています。

 

そのエネルギーはなんと通常の銀河の100倍もあります!スケールが大きすぎて何とも言えませんね。

 

2010年、NASAが打ち上げたスピッツァー宇宙望遠鏡によってクエーサーが観測されました。

 

f:id:tommy12023861:20191007213316j:plain

 

その推定図がこちら↑。まるで巨大な目ですね。

 

なんだか、こちらをじっと見ているみたいで思わず目をそらしたくなりますね。

 

人類が絶対に行ってはいけない惑星⑤:中性子星

中性子星超新星爆発によってできる天体の一つです。

 

その名のとおり、構成するほとんどのものが中性子で占められています。

 

もし、中性子量が直系20キロメートルの球だとすると、その中には太陽の2倍の質量が閉じ込められているのです。

 

ギュウギュウに詰め込まれており、原子核を構成している粒子のため、宇宙最大級の原子核と言えるでしょう。

 

しかもこの中性子星は高速で自転しており、また強い磁場を持っています。

 

地球のように自転軸と磁軸がずれていると、自転に伴い磁極から電子が放出され、

 

強いX線や可視光、電波を出すとも考えられているのです。

 

特に非常な磁力を持つ中性子星マグネター」のエネルギーは非常に強力です。

 

その威力は、16万キロメートル離れたところからでもクレジットカードの磁気テープの内容を消し、

 

人間が1120キロメートル以内に入ると身体が歪み、引きちぎられる程の威力を持っています。

 

もはや近寄ることが出来ないくらい危険な星なのです!