進撃の期間工ブログ

現役の期間工が切磋琢磨してるブログ

終末のワルキューレ23話の感想とネタバレ! アレスVSヘラクレスが決着!

f:id:tommy12023861:20191108003333j:plain

 

 

 

終末のワルキューレ23話が公開されたので早速読んでみました!

 

終末のワルキューレコミックゼノンで連載されているのでコミックゼノンも確認して下さい!

   

終末のワルキューレを漫画で読みたい方は是非期間限定で無料で読めるU-NEXTでお読み下さい!

 

U-NEXTで終末のワルキューレを無料で読む<U-NEXT>

 

 もしくはDMM書籍でお読みください!

 

DMMで終末のワルキューレを読む

 

目次です!

 

終末のワルキューレ23話のあらすじ、進軍してきたアレスとアレス軍の眷属

23話は神軍がテーバイに進軍したところから始まります。

 

人が神に勝てないことは分かっているため、何も出来ない人々はただ祈る事しかできませんでした。

 

そう、アルケイデスたった一人を除いては。

 

アルケイデスは手に持った棍棒で渾身の一撃をアレスに振るいますが、アレスはアルケイデスをたった一蹴りで後ろの壁まで蹴とばしました

 

アルケイデスが無残にやられたのを見て人々は完全に諦めていました

 

しかし、アルケイデスは神々からテーバイの人たちを守るためにアレスの前に立ちはだかります。

 

アルケイデスだけは見逃そうとするアレス

 

 そんなアルケイデスを見てアレスは「我らにひざまずけば貴様の命だけは助けてやる」とアルケイデスだけは生かす決断をします。

 

そんなアレスを見てアルケイデスは「人を生かすのも殺すのも神の勝手か」とアレスに言います。

 

そしてアルケイデスは「人間は弱い。だから正しくあろうとし、その中から悪が生まれる。

 

迷いながら成長し、その弱き心に正しさはあるのだ。

 

人が命乞いをしても何の躊躇もなく人を殺す神が正しいか?ならば私の死を賭けて神に対抗する!!」

 

と言い、ゼウスの血を高く上げます

 

そしてアルケイデスはゼウスの血を飲み干しました

 

身体がしおれていくアルケイデスを前にアレスは呆れ、人は絶望します。

 

しかし、アレスの目の前に立っていたのはさっきとは様子が違うアルケイデスでした。

 

何とアルケイデスはゼウスの血を飲み、不死の肉体を得ることに成功したのです!

 

ゼウスの血を飲み、不死の肉体を得ることに成功したアレス

 

 人間が何言ってんだと言わんばかりのアルケイデスの態度にアレス軍の眷属が怒り、アルケイデスに襲いかかります。

 

瞬時に止めるアレスですが、時すでに遅し、アルケイデスは持っていた棍棒をたった一振りで眷属の顔面を抉りました。

 

それを見た他の眷属も激昂し、アルケイデスに襲いかかりました。

 

しかし、眷属は全てアルケイデスの前に命を落としました

 

そしてアレスVSアルケイデスのタイマン勝負にまでに発展します

 

二人は殴り合いの中で、二人とも力尽きる寸前まで体力が消耗していました。

 

そして次が最後の一撃となる拳を振ろうとした時にゼウスが止めに入りました!

 

ゼウスがアルケイデスに神になれと誘う

ゼウスはアレスとアルケイデスの二人の間に入り、二人の喧嘩を止めました。

 

ゼウスを初めて見たアルケイデスはゼウスがあまりにも小柄なおじいちゃんだったため、こいつがゼウスなのか?と疑問に思います。

 

ゼウスはアルケイデスに神になれ、と誘います。

 

最初は急に神になれと誘われたため、アルケイデスは困惑しました。

 

しかし、ゼウスは正しき者の味方でいたいんじゃろ?とアルケイデスを説得します。

 

アルケイデスは条件があると言い、神になる代わりにとある条件を出します。

 

それは神が人間に金輪際手を出さないと誓うこと。

 

ゼウスはその条件に対して、アルケイデス自身が人間を正しい者に導くのを条件としました。

 

そしてアルケイデスは神の身に堕ちると言い、神になったのです。

 

そうしてアルケイデスのおかげで神々が人間の世界に進攻することは無くなったのです。

 

そしてアルケイデスからヘラクレスになる

神の式典でアルケイデスは正式に神になる式を行います。

 

アルケイデスはゼウスの息子として、そしてゼウスの正妻であるヘラの名前にちなんでこう名付けられました。

 

ヘラクレスと。

 

こうして貧弱だった少年、アルケイデスは神となり、ヘラクレスとなったのでした。

 

最高神の一人となったヘラクレス

現在のヘラクレスは既にアレスでは足元にも及ばないほどの実力を付けているようです。

 

アレスはテーバイに進軍した際、あのヘラクレスと拳で殴り合えたことを誇りにさえ思っていました。

 

そしてヘラクレスは悪しき者。ジャック・ザ・リッパーを倒そうと挑みます。

 

 

23話でヘラクレスの過去が一応は終わりましたね。

 

神に成るのではなく神に堕ちるというヘラクレスの発言は、ヘラクレスは神々を正しき者と思っていないのを意味しているのでしょう。

 

まだまだ決着が分からないヘラクレスVSジャックザリッパー。見ものです!

 

終末のワルキューレを漫画で読みたい方は是非期間限定で無料で読めるU-NEXTでお読み下さい!

 

U-NEXTで終末のワルキューレを無料で読む<U-NEXT>

 

もしくはDMM書籍でお読みください!

 

DMMで終末のワルキューレを読む