進撃の期間工ブログ

現役の期間工が切磋琢磨してるブログ

今際の国のアリスというデスゲーム漫画が面白すぎるww 最後まで読んだ感想


にほんブログ村

f:id:tommy12023861:20190422051039p:plain

どうも進撃の期間工です!

 

 今回は漫画大好き人間の進撃の期間工が、読んだ漫画、「今際の国のアリス」について紹介していきます!

 

目次です!

 

今際の国のアリスってどんな漫画?

今際の国のアリス麻生羽呂先生が描いた日本の漫画作品で、週刊少年サンデーにて連載されていました。

 

ストーリーは主人公・有栖良平(アリス)は勉強もスポーツもイマイチな高校生。

 

毎日出来のいい弟と比べられる人生にうんざりしていた。

 

そんなアリスであったが、彼には唯一心を許せる存在がいた。

 

苅部大吉(カルベ)と勢川張太(チョータ) である。

 

今日もアリスはカルベとチョータの3人で仲良くつるんでいた。

 

夜通し遊び続けて、始発電車を待っていた3人。

 

すると突然、巨大な花火が打ち出され、その衝撃で3人は意識を失ってしまう。

 

気づくと、数百年後の未来にいたアリスたち。

 

彼らははそこで、紫吹小織(しぶき さおり)という女性に出会う。

 

アリス達たちは彼女に、「あなたたちは、すでにあいつらの【げぇむ】に乗ってしまった。このままでは死ぬわよ」と忠告を受ける。

 

一歩間違えれば命が奪われる理不尽なげぇむをアリス、カルベ、チョータと紫吹の4人は生きるため挑む!

 

というのがおおまかなストーリーです!全18巻で、書籍化もされています。

 

今際の国で行われるデスゲームとは?

 『今際の国のアリス』はデスゲームの種類が豊富でおもしろいっ!

 

様々なジャンルのデスゲームが登場し、アリスたちを苦しめます。

 

この漫画で登場する「げぇむ」は、

♠(すぺぇど) 肉体型

♢(だいや) 知能型

♣(くらぶ) バランス型

♡(はあと) 心理型

の4種類に分けられます。

 

また、各マークごとにトランプの1~13までの「げぇむ」が用意されており、数字が大きくなるほど難易度が上がります。

 

げぇむをクリアするとトランプが支給され、そのトランプの合計の日数分生き残ることができます。

 

げぇむの例としては、すぺぇどは身体能力がものをいうジャンルです。

 

たとえば難易度5の「おにごっこ」は、銃を持った「おに」から逃げ回り、制限時間以内に「じんち」にタッチすると「げぇむくりあ」となります。

 

体力勝負ということで、シンプルなルールのものが多いです。

 

「だいや」のゲームで求められるのは、知識や知能。

 

「ぶらっくじゃっく」や「まあじゃん」など、ギャンブル系のゲームが多く、参加者同士の駆け引きが楽しめます。

 

「くらぶ」のゲームはバランス型。

 

頭と体を同時に使うものばかりです。

 

たとえば難易度4の「らんなうぇい」は、一見「おにごっこ」のように逃げ回りながらゴールを目指すゲームに思えますが、実はもう1つのクリア条件が隠されています。

 

ゲームの舞台にそのヒントがあり、それに気づいて、隠されたクリア条件を見抜くための知能も求められるのです。

 

またくらぶのきんぐで敵として登場したキューマは人間味に溢れた性格をしており、今際の国のアリスの作品の中で一番好きなキャラです!

 

「はあと」心理型のげぇむ。

 

たとえば100人以上のチームが参加することになる、難易度10の「まじょがり」は、

 

制限時間内にメンバー殺害の真犯人を見つけて処刑すればクリアというゲームです。

 

条件自体はシンプルですが、「仲間を殺された」という動揺が状況を複雑にし、

 

疑わしきを罰して犠牲者を増やしていくという過酷な展開になるものが多いです。

 

以上のような「げぇむ」に挑んでいく中で、落ちこぼれだったアリスの、

 

隠されていた能力が開花していきます。

 

理不尽なゲームに翻弄されながらも生き残るために必死で戦うアリスの姿は、必見です!

 

人間はなぜ生きるのかを本気で本気で考えさせられる作品

デスゲーム系漫画というのは、特にテーマもなく人がめっちゃ死ぬ的な展開が多いんですけど、この漫画にはきちんとテーマがあります。

 

そのテーマとは全ての生物はなぜ生きるのかということ。

 

今際の国に迷い込んだアリスは、毎日人が死んでいく現実に遭遇してから、ひたすら生きることの意味について考えます。

 

時には生きる希望が無くなって、自暴自棄になってしまう時もあります。

 

しかし、アリスはそんな苦境を乗り越え、やがて「生きることの意味は何か?」という問いの答えを見つけるのです!

 

まさかデスゲーム系の漫画で、こんなにもメッセージ性がある漫画に出会うとは思っていなかったっ!

 

正直、その辺のデスゲーム系の漫画とは一線を画す面白さですっ!

 

今際の国のアリスのまとめ

漫画『今際の国のアリス』は、最高に面白いデスゲーム漫画ですっ!

 

わかりやすさと緊張感のバランスがよく、ある程度、キャラ一人ひとりが掘り下げられているので感情移入もしやすい。

 

くらぶのきんぐの話は一度は読んでみることをおすすめします!

 

本気でなぜ生きるのか?という人間の謎を表す漫画です!

 

今回は、漫画『今際の国のアリス』を紹介しました。

 

超面白い作品なので、気になった方は、ぜひチェックしてみてくださいっ! 

 

それじゃ!またの~