進撃の期間工ブログ

現役の期間工が切磋琢磨してるブログ

不老不死が死ぬことより恐ろしい理由を5つ紹介します


にほんブログ村

f:id:tommy12023861:20190422051039p:plain

人間いつか死ぬべき

どうも進撃の期間工です!

 僕たちの寿命は医療の発達により伸び続けています。

 

Googleの共同設立者のセルゲイ・ブリン氏は「死を治す」と発言し、

 

人間は500歳まで生きることが可能だと発表しました。

 

このように、世界中で不老不死になるための研究が進められています。

 

しかし、不老不死は本当に幸せなのでしょうか?

 

今回は不老不死が死ぬことより恐ろしい理由を5つ紹介します。

 

目次です!

 

 

不老不死じゃない人間は、仲間はずれの状態になる。

「不老不死」というからには100万年も200万年も生き続けるわけですが、

 

そうなると、人類の形状や、形が大きく変化している可能性があります。

 

また現在の食生活とは全く違った食べ物が主食になっている可能性もあり、

 

生殖機能が進化している可能性があり、今とは全く違った新人類が誕生している可能性もあります。

 

そのため旧タイプの人類は孤立してしまうことが考えられます。

 

正気を保てないほどの早さで時間が経過していく

大人になって時間が経つのが早くなったと感じることはありませんか?

 

これは、脳への情報量が関係しています。

 

年月が経過するごとに新たな経験が減っていくため早く経過行き過ぎるよう感覚になるようです。

 

私たちの場合でもそう感じるのに100万年も生きていたら、1日の概念、時間、考え方などの感覚が狂っていくでしょう。

 

普通の生活を送っていくことが出来ない

もし、あなたが世界に1人だけの不老不死だった場合、過ぎ行く時間の中で、有名人になるでしょう。

 

家の前には連日死をまぬがれたいと願う人たちや、病にかかった人たちが押し寄せてくるかもしれません。

 

誰かが、あなたを研究材料にするために誘拐しに来るかもしれません。

 

土地を巡って、歴史上でも様々な争いが繰り広げられてきましたが、

 

永遠の命の秘密というのはもっと魅力的だと思われるため、全世界の人間があなたの体を徹底的に調べようとしてくるでしょう。

 

精神的に確実に老いていく

脳に記憶できる限界があるのかは確認されていませんが、不老不死であれば、

 

新たな記憶を次々と刻み続けていかなければなりません。

 

普通の人間が生きているような期間であれば、問題は見られないのかもしれませんが、

 

当然それ以上の時間を生き続けるため、異常な情報量が脳に蓄積されていきます。

 

脳の記憶を消すことが出来ればまだ良いですが、何万年にも及ぶトラウマや、古くからの不要な記憶が、

 

脳の動作を遅くしてしまうと考えられます。

 

事故や天災に遭って動けなくなる

不老不死の人間は若くて健康であり、病気になることもなく、毎日を快適に生き続けるかのように思われがちです。

 

しかし100万年も生きていればどこかで事故や天災に遭う事も十分に考えられます。

 

そうした時に運悪く、がれきの下に閉じ込められてしまった場合、そこから出られないまま、一生を生き続けなければなりません。

 

人間が永遠の命を手に入れた場合、こうした災いから逃れられる術はありません。

 

まとめ

ここまで読んでいただいていかがでしたか?不老不死が本当に誕生した際の危険性などがいろいろと考えられますね。

 

おそらく、現在では不老不死の人間は1人もいませんが、本当に不老不死が誕生した際もどうなるのか気になりますね。