進撃の期間工ブログ

現役の期間工が切磋琢磨してるブログ

この口癖は○○な人!あなたの口癖で分かる5つの心理

にほんブログ村

f:id:tommy12023861:20190422051039p:plain

ありがとうが口癖

 

どうも進撃の期間工です!

 あなたの周りに「すみません、すみません」とやけにすみませんを連呼している人はいませんか?

 

もちろん口癖は、意識せずに口にしているものですから、自分では気づいていないのかもしれませんが、

 

その口癖には、その人の本心が隠れています。

 

今日は、そんな口癖から分かる人間の心理を5つご紹介しています!

 

目次です!

 

なるほどや確かにが口癖の人

 

会話の中で、「なるほど」や「確かに」といった言葉を連発する人は、実は人の話をロクに聞いていません。

 

本当に納得している場合、「なるほど」を言って大きくうなずいたり、目や表情に出るものですが、

 

「なるほどなるほど」と連発する場合は、何がなるほどなのか、

 

もしくは、「反応が無いと悪いかな」と思い、とりあえず「なるほど」と言っていることがほとんどです。

 

この言葉を連続で使ってくる場合、相手は退屈し、適当に聞き流していると考えて良いでしょう。

 

すみませんが口癖の人

「すみません、すみません」と何か悪いことをしたわけでもないのに、

 

謝ることが口癖になっている人は、自己肯定感が乏しく、「自分なんか」と卑屈な人が多い傾向にあります。

 

しかしもっと厄介な場合もあります。

 

なぜならこの「すみません」を人からの干渉を防ぐバリアとして使う人もいるからです。

 

この手のタイプは、口では「すみませんすみません」と謙虚を装っていますが、

 

もちろん、その言葉に謝罪の意味などありません。

 

ちょっとが口癖の人

「ちょっと良いかな?」と言われておおごとだったことはありませんか?

 

人は物事をお願いするときに、「ちょっと」と言い換えることで、

 

ひとまず相手に承諾させようという心理が働きます。

 

いったん引き受けてしまえば、「やっぱり無理」とは言いづらいですからね。

 

つまりこの「ちょっと」を無意識に多様している人は、

 

相手が断りづらくなるのを心のどこかで分かっているわけです。

 

女性の皆さんは、男性の「ほんのちょっとだけ、何もしないから」を信用してはいけません。

 

いや、でもが口癖の人

何を言うにも「いや、でも」が言葉の初めにつく人っていませんか?

 

「いやそうなんですけど~」や「いやたまたまですよ」と、

 

話し始める前に「いや」がつく人は、素直ではなく、相手を中々認められない、高いプライドの持ち主です。

 

これはこういうものだという頑固すぎるタイプで、

 

話をしている相手は、何を言っても「いや、いや」と返事が返ってくるので、もちろん気分は最悪です。

 

「いや」が口癖の人は、意識して治した方が良いでしょう。

 

 まあが口癖の人

まぁ、が口癖の人も結構いますよね。「まぁ、そうですね」など、「まぁ」を多用する人は、

 

物事をあいまいにして、他人から嫌われないように中立の立場にいたい人が使います。

 

「つまり、どっちでもないけど、まぁ強いて言うならこっちです。」

 

という具合に自分の意見を言っても反論されないように穏便に済ませたい心理が働いています。

 

また、「まぁ」にはもう一つ、「どうでもいい」という心理もあります。

 

なぜなら「まぁ」には「まぁ=言っても分からないでしょうけどね」という意味もあるからです。

 

「まぁ(意味:どうせ君に言っても分からないから)いいんじゃない?」や、

 

「まぁ正解だね(意味:よく分かったな!)」と言われた場合は、

 

軽くあしらわれていると思って良いでしょう。