進撃の期間工ブログ

現役の期間工が切磋琢磨してるブログ

ほぼ死ぬ寸前で奇跡的に生き残った6人の人たち

にほんブログ村

f:id:tommy12023861:20190422051039p:plain

死ぬのは怖い

 

どうも進撃の期間工です!

 私たちが日常を過ごす上で、生死の危険を伴うことはなかなかありませんが、

 

世界には、何かのかけ違いで危機的状況に陥ってしまう人も存在しています。

 

今回は、そんなありえない状況から生き残った6人の生存者を紹介したいと思います!

 

目次です!

 

 

沈没した船から奇跡の生還

ケンとエドはメキシコ湾で釣りをするために、遠くまで船を走らせていました。

 

ところが、突然原因不明の浸水により、9メートルもあった船はみるみるうちに沈んでしまったのです。

 

あまりにも急な出来事に、無線で救助を呼ぶことも出来ず、船から逃げ出すことしかできませんでした。

 

急に冷たい海に投げ出された二人は、約80キロメートル先にある海の上の施設を目指したのです。

 

そしてなんとかケンは施設へとたどりつきましたが、エドはその数日後、亡くなった状態で発見されました。

 

登山中での災難で命がけの生還

有名な登山家であるアーロン・ラルストンは2003年5月にユタ山脈を一人で登っていました。

 

しかしその道中で、約360キロもの重さのある岩に右腕を挟まれてしまったのです。

 

そのあとなんとか腕を引き抜こうと努力するも、5日経っても腕は抜けませんでした。

 

そこで彼は、テコの原理で右腕の骨を折り、切れ味の悪くなったサバイバルナイフで腕を切断したのです。

 

そして最後の力を振り絞り、20m近くの岩肌を下ると、仲間の登山家に救助されました。

 

交通事故での生還

カルソス・ソーサさんは、14歳の時にドラッグとアルコールを摂取した状態で運転し、事故を起こしました。

 

車は、ポールに激突し、その衝撃ソーサさんは、フロントガラスを突き破り、地面に頭から激突してしまったのです。

 

病院へ搬送されたソーサさんは、命をつなぐために、胸の大部分と頭蓋骨を切除し、奇跡的に生還しました。

 

このような状態になった今でも、ドラッグは毎日欠かさず吸い続けているそうです。

 

沈没船の中からの生還

ハリソン・オケネさんは、シェフとして船で働いていましたが、

 

ある日荒波によって船が転覆し、海底30メートルに沈んでしまったのです。

 

多くの船員が溺れていく中、オケネさんはたまたま沈没した船の地下に出来た1.5平方メートルの空間にいました。

 

そして事故から3日後に、救助隊によって船が発見されると、オケネさんは、この事故の唯一の生存者となりました。

 

もう少し救助が遅れていたら、酸素が足りず、窒息しているところだったそうです。

 

 氷漬けの車の中からの生還

ピーターさんは、スウェーデン北部の林道で、氷漬けになった車の中から救助されました。

 

車の中の気温は-30°と冷たく、ピーターさんはそんな車の中で2か月間食料無しで生き延びたのです。

 

生存できた理由は、ピーターさんの体が31°に保たれた状態でじっとしていたため、

 

冬眠状態になり、無駄な体力を消耗せずに済んだためと考えられています。

 

スカイダイビングでの事故からの生還

27歳のリンディーはカリフォルニアを旅行した際に、スカイダイビングに挑戦することにしました。

 

飛行機が、地上約2590mの高さに達し、空へ飛び出した時、リンディーのパラシュートは中で絡まり、開きませんでした。

 

そのままリンディーは40秒間を時速112キロメートルの速さで落ち続け、地面にたたきつけられてしまったのです。

 

しかし彼女は奇跡的に、あばらを2本折ったのと、肺の破裂、鼻の骨折に歯が欠けただけで、

 

命に別状はありませんでした。

 

医者が言うには、彼女が地面に叩きつけられる前に気絶していたため、

 

体から緊張が抜けて、致命傷を避けられたとのことです。