進撃の期間工ブログ

現役の期間工が切磋琢磨してるブログ

漫画「七つの大罪」の元ネタである七人の大罪人は本物の悪魔だった

 

バンが一番好き

 

どうも進撃の期間工です!

 あなたは七つの大罪を知っていますか?

 

ほとんどの人はあの人気漫画の七つの大罪をイメージすると思います。

 

七つの大罪の独特の世界観は、漫画や映画などあらゆる作品でモチーフに使われることが多いですもんね。

 

しかし、今回お話する話はブリタニアの話ではありませんよ。

 

ちなみに七つの大罪は、キリスト教のおもにカトリック教会における用語です。

 

ラテン語や英語での意味は「七つの死に至る罪」。

 

日本のカトリック教会では「七つの罪源」と訳されています。

 

今回はそんな「人間を罪へと導く可能性がある、七つの欲望や感情」と

 

その一つ一つに呼応する悪魔を紹介していこうと思います!

目次です!

 

 

七つの大罪の起源はエジプトの一人の修道士から始まった

この、七つの大罪の起源は「枢要罪(すうようざい)」、

 

4世紀のエジプトの修道士、エヴァグリオス・ポンティコスの著作「修行論」に

 

八つの「人間一般の想念」として現れたのが起源です。

 

ちなみに聖書の中で七つの大罪について、直接に言及はされていないんです。

 

八つの想念はエヴァグリオスによると、

 

貪食

淫蕩

強欲

悲嘆

憤怒

怠惰

虚栄心

傲慢

 

そして、6世紀後半になる頃、グレゴリウス1世が、枢要罪の改訂をします。

 

改訂の結果、「虚栄心」は「傲慢」に、「悲嘆」は「怠惰」に統合され、一つの罪として定義され、

 

合計6つの罪に新たに「嫉妬」が罪として付け加えられることとなります。

 

その後、13世紀にトマス・アクィナスによって七つの「枢要罪」が唱えられるなどを経て、

 

憤怒

強欲

嫉妬

色欲

怠惰

暴食

傲慢

 

現在の七つの大罪は生まれました。

 

悪魔の誕生

どうやら16世紀の版画家であるハンス・ブルクマイアーが、

 

初めて大罪と悪魔の関係を表現したようですが、中世では七つの大罪を、動物に例えて描く人も多くいたようです。

 

これから紹介する「七つの大罪」の悪魔たちは、体に動物が刻印されているのですが、

 

動物の刻印は、ここから着想を経たと考えるのが自然ですね。

 

それでは、七つの大罪の悪魔を紹介していきましょう!

 

きっと今読んでくださっているあなたも聞いた事のある悪魔たちですよ!

 

傲慢 pride ルシファー

ルシファーは元々、大天使の長でしたが、土から作られたアダムとイブに使えよという命令に不満を感じ、

 

反発したのがきっかけで神と対立し、天を追放され、神の敵対者となったとされています。

 

被造物の中で、最高の能力と地位と寵愛を神から受けていたために、

 

自分が神になり変われると「傲慢」になり、神に反逆し、堕天したという事がよく伝えられています。

 

対応した動物は、グリフォン・ライオン・クジャク・コウモリ。

 

地位や名誉が上がるに連れて、人は傲慢になりやすいもの。

 

他社に褒められすぎた人は「自分は他人とは違う!」と勝手に勘違いして傲慢になります。

 

その時、この悪魔には気を付けた方が良いのかもしれませんね。

 

嫉妬 envy レヴィアタン

海または水を司る者で、外見も怪物です。

 

その一方で、一般的に想起されるような、悪魔の外見を持つ場合もあります。

 

元のレヴィアタンが何の攻撃も通さないように、悪魔としてのレヴィアタンは、どんな悪魔祓いも通用しないとされています。

 

レヴィアタンは大嘘つきで、人に取り憑くこともでき、それを追い払うのは非常に難しいとされていました。

 

対応した動物は、マーメイド・蛇・犬・土竜

 

あの人は良いなぁ、私にはないものを持っているから羨ましいと思ったり、愛することが行き過ぎると、

 

嫉妬のような醜いものになるので注意が必要。という事ですね。

 

憤怒 wrah サタン

f:id:tommy12023861:20190812151657j:plain

「敵」「反対すること」「神を訴える者」を意味します。

 

全人類の始祖が、サタンの悪だくみとその誘惑にそそのかされて罪を犯し、墜落したために、

 

人間は生まれながらにして怒りの子、サタンの奴隷であると言います。

 

罪をおかして堕落する前のサタンは、御使いでしたが、神に反逆して「敵対者」としての悪魔に変化したとみなされています。

 

他にも彼は多くの天使を率いる十二枚の翼を持った美しい大天使の長であったとも言われていたり、

 

しかし、ある時神に敵意を示し、自分に賛同する天使たちを集め、

 

大天使ミカエルの率いる神の軍団との戦いを開始します。

 

戦いは長く続きましたが、最終的には敗北し、彼とルシファー、天使の3分の1は

 

天から投げ落とされてしまったのです。

 

対応した動物はユニコーン・ドラゴン・狼・猿

 

どうやら怒りの負の感情は、悪魔界のトップであるサタンの力らしいです。

 

ふとした瞬間に、イラッとした時は、自制の心を持ちましょう。

 

怠惰 sloth ベルフェゴール

f:id:tommy12023861:20190812151644j:plain

「怠惰」「好色」を司る悪魔とされています。

 

このベルフェゴールは、疫病をもたらして24000もの人々の命を奪ったというのでとんでもないです。

 

そしてこのベルフェゴールは、人間界の結婚生活を覗き見る悪魔とされ、

 

女性に対して非常に不信感を持っていたりと、サタンの次に紹介すると、なかなかの悪魔です。

 

それというのも中世ヨーロッパの伝説によれば、ある時魔界で、

 

「幸福な結婚というものは果たして存在するのか?」という議論が起こり、

 

実際にそれを見るために、ベルフェゴールは、人間界にやってきたそうです。

 

彼は様々な人間の結婚生活を観察したのですが、その結果、幸福な結婚など無いという結論を出したとされています。

 

対応した動物は、フェニックス・熊・牛・ロバ。

 

中々に癖の強いベルフェゴール。

 

ちなみにベルフェゴールという言葉は「人間(女性)嫌い」を示唆する言葉としても使用されています。

 

強欲 greed マモン

f:id:tommy12023861:20190812151622j:plain

「強欲」を司るこのマモンは、富・財を意味します。

 

金銀財宝に対して非常に貪欲で、人間を誘惑して、自らと同じように強欲にすると言われています。

 

人の金銭欲を満たしてはくれるのですが、その代償に命を奪ってしまいます。

 

そもそも彼から受け取った金銀の類は、しばらくすると馬糞や灰と化すので全く無意味です。

 

この紹介でも分かる通り、やはりマモン程に心根が卑しい者はいなかったと言われており、

 

足下に踏みつけられた黄金を見て、神による、いかなる聖なる祝福よりもはるかに賛美していたそうです。

 

地獄に落ちてもなお、そこの金鉱を発見し、伏魔殿を飾るためにと、他の堕天使を指揮しています。

 

対応した動物は、ゴブリン・狐・ハリネズミ・猫

 

このマモンは金銀を母なる大地から抉り出す術を人間に教えた張本人です。

 

暴食 gluttony ベルゼブブ

f:id:tommy12023861:20190812151633j:plain

「ハエの王」と呼ばれ、蔑まれた悪魔です。そんな彼は過去、豊穣の神でした。

 

しかし、イスラエルの地に入植してきた人たちは、こうした儀式を嫌って邪教神とし、

 

やがてこの異教の最高神を「ハエの王」と呼んで蔑んでいきます。

 

そして彼は、大悪魔で悪魔(魔神)の君主、あるいは魔界の君主とされるようになったのです。

 

地獄においてサタンに次いで罪深く、強大なもの。

 

権力と邪悪さでサタンに次ぐと言われ、実力ではサタンを凌ぐとも言われている魔王です。

 

ベルゼブブは神託をもたらす悪魔と言われ、また、作物を荒らすハエの害から人間を救う力も持っています。

 

対応した動物は、ケルベロス・豚・虎・ハエ

 

一応、暴飲・暴食・酒乱などを司って悪さはしますが、どう考えてもベルゼブブを怒らせたのは人間のせいでしょう。

 

色欲 lust アスモデウス

f:id:tommy12023861:20190812151825p:plain

彼は元が激怒と情欲の魔神のためか、キリスト教七つの大罪では色欲を司っています。

 

悪魔になる前は智天使だったとされています。

 

姿かたちは牛・人・羊の頭とガチョウの足、毒蛇の尻尾を持ち、

 

手には軍旗と槍を持って地獄の龍にまたがり、口から火を吐くと言われています。

 

姿を見ても恐れずに、敬意を払って丁寧に応対すれば、非常に喜び、指輪やガチョウの肉をくれたり、

 

医科学や天文学などの秘術を教えてくれるそうですよ!

 

対応した動物は、サキュバス・ヤギ・サソリ・ウサギ

 

色欲を司るというだけあり、サラという美しい娘に取り憑いて、七人もの夫を殺めたりしましたが、

 

意外と普通にしていれば話の分かる悪魔のようですね。

 

ただ、浮ついた心にアスモデウスはやってきますから気を付けてくださいね!

 

まとめ

「人間を罪へと導く可能性がある、七つの欲望や感情」

 

身近に潜んでいるかもしれないこの7つの感情には注意していきたいものですね。

 

そしてどこか魅力的に映る対応した悪魔たち。

 

それはこの恐ろしい悪魔たちの一面に、どこか人間臭い一面があるからなのでしょう。