進撃の期間工ブログ

現役の期間工が切磋琢磨してるブログ

世界に存在する凄すぎる7つのプール

 

f:id:tommy12023861:20190909045258j:plain

1000メートルは泳げます

 

どうも進撃の期間工です!

 深かったり、デカかったり、奇妙な場所にあったり、美しかったり、

 

そんなプールで泳いでみたいと思いませんか?

 

今回はこの世に存在する素晴らしいプールを6つお伝えしていきます!

目次です!

 

 ザ・ライブラリー(タイ)

タイのサムイ島にあるホテル『ザ・ライブラリー』。ここに世にも珍しいプールがあります。

 

それがこちら!↓

 

f:id:tommy12023861:20190909045215j:plain

 

プールは青いなんて誰が決めた?といわんばかりの色をしていますね!

 

水ではない違うものが入っているようにも見えるのですが、これはもちろん普通の水です。

 

このプールが赤いのは、イタリアから直輸入したレッドタイルが一面に敷き詰められているためです。

 

ここで一人静かにぷかぷか浮かんでいたら、誰かが勘違いして大騒ぎするかもしれません。

 

ラウカラ・アイランド・リゾート(フィジー

f:id:tommy12023861:20190909045152j:plain

南太平洋に浮かぶ島国・フィジー

 

『ラウカラ・アイランド・リゾート』は、ラウカラ島に誕生したプライベートリゾートです。

 

東京ドーム304個分という広い島ですが、リゾート以外はほぼ手つかずの大自然のままです。

 

島にいるのは宿泊客とスタッフだけで、専用プライベート機で島に降りたちます。

 

ホテル内はエキゾチックな雰囲気で文字通り時が止まっているかのようです!

 

PRはほとんど行わず、宿泊客の口コミだけで話題を集めているのですが、

 

海をイメージしたプールスペースは、ユニークなガラス張りとなっています。

 

レアンドロ・エルリッヒのプール(日本)

f:id:tommy12023861:20190909045244p:plain

アルゼンチン出身の現代アーティストのレアンドロ・エルリッヒ。

 

彼は石川県にある金沢21世紀美術館にひとつのプールを設計しました。

 

そのプールは人々が水中を上から見るだけでなく、プールの水中を下から見上げることができるのです。

 

実はこれ、透明の強化ガラスの上に深さ約10センチの水が張られているだけであり、

 

ガラスの下は水色の空間となっていて、鑑賞者はこの内部にも入ることができます。

 

泳ぐことは出来ないかもしれませんが、入ることは出来るというわけですね。

 

ヴィクトリアの滝にある悪魔のプール(アフリカ)

f:id:tommy12023861:20190909045230j:plain

アフリカ・ザンビアジンバブエの国境にあるヴィクトリアの滝

 

世界三大瀑布の一つとされ、1分間に最大5億リットルの水が落下しています。

 

ここには想像を絶するプールがあります。その名もデビルズプール(悪魔のプール)

 

なぜ悪魔のプールなのかというと、見ての通り、滝の端っこにあるのです!

 

f:id:tommy12023861:20190909045223j:plain

プールと言っても気軽に入って泳ぐような類のプールではありません。

 

楽しそうに入っているように見えますが、プールの端から落ちると100mほど下へ落ちます。

 

柵などもないため、落ちれば一巻の終わりであり、なぜプールと呼ばれているのか疑問に思います。

 

とはいえ、ここから見える景色はこの世のものとは思えないほどの美しさを誇ります。

 

ツアーを組んでいるほどの人気スポットなので、あなたも是非、行かれてみてはいかがでしょうか?

 

ただし、落ちれば命はないでしょうからそこは自己責任でお願いします。

 

サン・アルフォンソ・デル・マール(チリ)

f:id:tommy12023861:20190909045238j:plain

南米チリにあるプライベートリゾート、サン・アルフォンソ・デル・マル。

 

ここにはギネス世界記録に認定された世界一大きいプールがあります。

 

2006年12月に完成したこのプールは、幅1キロメートル、、8ヘクタールの面積を誇ります。

 

この大きさは25メートルプールが縦に40個分並んでいるようなものです。

 

水はコンピューター制御で海水ををろ過して使用し、太陽光を利用して海水より高い26℃に上げています。

 

プールの最深部は3.5メートルあり、カヌーやスキューバ、サーフィンなどを楽しむことができます。

 

元々、ビーチリゾートにする予定だったのですが、海水温が冷たく危険なため、計画を変更したそうです。 

f:id:tommy12023861:20190909045208j:plain

 しかしこうしてみると、本当の海みたいですね!

 

ハースト・キャッスルのプール(アメリカ)

f:id:tommy12023861:20190909045558j:plain

ハースト・キャッスルとは、アメリカの新聞王、ウィリアム・ハーストの豪邸の一つ。

 

カリフォルニア州の丘の頂上にそびえたち、現在は歴史的建造物として一般公開されています。

 

広大な屋敷の中には動物園や図書館、映画室、美容室など115以上の部屋が揃っているのですが、

 

特に注目したいのが屋内プールです。

 

1951年に亡くなったハースト氏は、このほかに古代ローマ式の屋外プールも設置しています。

 

まるでタイムスリップしたかのようですね!

 

スカイプール(イギリス)

 

2015年、イギリス・ロンドンの開発業者はとあるプールの建設に着手しました。

 

それがこちら↓透明な空中プールです。

 

f:id:tommy12023861:20190909045514j:plain

高さ10階建ての建物2棟、この屋上の間に分厚いガラスを使い、

 

下がスケスケの27メートルプールを作るというプロジェクトなのです!!

 

ロンドン中心地で作られているこのプールは高級マンションの施設の一部として作られており、

 

最も小さい部屋でも、契約金は1億2000万円なのだとか!

 

2019年夏に完成予定のこのプール、部屋を買った方は是非ご連絡してください!ww