進撃の期間工ブログ

現役の期間工が切磋琢磨してるブログ

もし地球の自転が2倍になったらどんな影響が起こるのか

f:id:tommy12023861:20190916151436j:plain

仕事中だけ自転10倍になれー!

 

どうも進撃の期間工です!

 私たちが生活している星、地球は時速1600キロの速度で動いています。

 

24時間で1回自転しますが、もしこの速度が2倍になったら、どうなるのでしょうか?

 

今回は、地球の自転のスピードが急に2倍になったらどうなるのかについてお伝えしていきます!

 

他にもどんなことが起こるのかコメント欄に書いてみてください!

 

目次です!

 

地球が球体ではなくなる

まず大事なことは、地球の自転スピードはあなたが立っている場所によって違うということです。

 

例えば、赤道上の自転速度は時速1674.4キロメートルですが、東京駅の自転速度は1359.6キロメートルです。

 

飛行機の平均速度が時速1000キロメートルですから、それよりも自転の速度は速い、ということなのです。

 

北極や南極の自転軸上では時速0キロメートルとなりますが、

 

自転速度が2倍ということは、遠心力が今の2倍になってしまいます。

 

すると、地球の赤道部分が大きく広がります。

 

その結果、現在よりも縦につぶれた楕円形の惑星になってしまうのです。

 

f:id:tommy12023861:20190916151436j:plain

自転が速くなると物体の質量が軽くなる

地球は自転しており、回転する物体には遠心力が働きます。

 

あなたがバケツに水を入れ、回転させたとしましょう。

 

バケツを逆さまにしても水が落下しないのは、遠心力が重力よりも大きくなっているからです。

 

遠心力は回転数に比例し、地球の自転速度が増せば、それだけ大きくなり、結果として重力が減少します。

 

例えば赤道上に質量1キログラムの物体があったとして、これに作用する遠心力は重量290分の1です。

 

もし自転が5倍速くなると、遠心力は11.5分の1になり、重量は1割弱軽くなります。

 

自転が10倍速くなると重量は2.9分の1となり、自転が15倍になると重量は4分の1です。

 

自転が17倍になると万有引力が遠心力とつり合い、重量はゼロとなります。

 

自転が2倍になったら体重も2倍になるということはなく、ほんの少し軽くなります。

  

1日が24時間から12時間になる

自転の速度が2倍の地球では、天球の動くスピードは2倍になります。

 

したがって1日は12時間となり、午前・午後という概念はなくなります。

 

1年も730日と倍増するので、1年を12か月とすると1か月あたりの日数は60日になりますね。

 

太陽や月、星の動きも私たちから見たら、とてもせかせかしたものになるのです。

 

「さっき夜だったのにもう朝かぁ」と思うかもしれません。

 

朝に読む新聞のテレビ欄には夕刊並みの番組一覧しかなく、

 

24時間テレビ」は2日間放送されることになるか、タイトルが12時間テレビになりますね。

 

ラソンランナーが走る距離も平均50キロくらいになるかもしれません。

 

また、影響は人間だけではなく、動物たちにも及びます。

 

「1日12時間」に耐え切れず、生態系も大きく変動することでしょう。

 

会話が聞こえなくなるほど風が強くなる

2倍の速度で自転する地球は、大気の流れが速くなり、強風の吹く惑星になってしまうと予想されます。

 

強風で音声を聞き取ることは難しく、私たちに比べて聴覚が発達した生物が生まれるかもしれません。

 

もしかしたら、音声言語ではなくテレパシーや手話などが発達する文明になるかもしれませんね。

 

それ以上に厄介なのが台風やハリケーンです。

 

f:id:tommy12023861:20190916150846j:plain

風の流れに乗るからこそ雲や台風は動くことができるのです。

 

風が強くなると、台風は偏西風により西から東へ流れやすくなります。

 

ひとつの台風が去ったと思ったら、もうひとつの台風がまたすぐ来るなんてこともあります。

 

番外編 もし地球の速度が10倍になったら?

それではもし自転の速度が10倍になったらどうなるのでしょうか?

 

地球そのものが崩壊する事はないものの、完全に縦に潰れた楕円形に変形すると考えられます。

 

地球が皿の形になり、昔の人たちが想像していた形になります。

 

赤道周辺の自転速度は時速16666キロメートル、これに対して日本周辺では時速13700キロメートルとなり、

 

速度さで時速3000キロもの差が凄まじい転向力として働きます。

 

その結果、地球を薙ぎ払うかのような凄まじい西風が襲ってくるのです。

 

地球が最初からこの有様なら生物が誕生できる環境とは程遠かったハズですが、

 

突然地球の自転が10倍になった場合は、地上の生物は全滅すると考えられます。

 

一部の生物は深海や地下で細々と生息するだけとなるでしょう。

 

地球が回っているということを意識して生活している人はほとんどいません。

 

しかし、今の自転速度が2倍になっても10倍になっても止まっても大変なことになります。

 

地球が適切な環境で自転しているからこそ、私たちは普通に生きていけるのですね。