進撃の期間工ブログ

現役の期間工が切磋琢磨してるブログ

日本人が英語を話せない理由。そして日本人が英語を身に付けるたった1つの方法は話すことです。

f:id:tommy12023861:20190830034326j:plain

自己紹介くらいなら出来ます

 

どうも進撃の期間工です!

 みなさんは英語は話せますか?

 

この質問にはい!話せます!と言える人はごくわずかでしょう。

 

小中高校と子供の頃から勉強し続けているのに日本人のほとんどが英語を話せません。

 

今回は日本人がなぜ英語を話せないのか解き明かしていきましょう。

 

目次です!

 

周りの生徒が馬鹿にする

みなさんも経験があるのかもしれませんが一生懸命英語の発音などを学ぼうとすると周りの生徒が笑ってきます。

 

学校によっては先生さえも笑ってくる学校があります。本当にありえませんね。

 

他の子供たちにとっては英語は聞きなれておらず魔法の呪文を唱えられている感覚なのでそれを知人がハキハキと発音しているのを見るとと面白く感じてしまうのでしょう。

 

周りの人間が嘲笑ったりしてくると、英語を話す気もなくなり英語が嫌いになってしまいます。

 

ですので、英語の発音の勉強は家でやり、ネイティブの発言で音読するようにしながら勉強しましょう。

 

先生ばかりが英語を話してばかりで生徒に話させない

英語の授業中って先生ばかりが英語を話してて生徒たちは黒板を板書するばかりの授業が多いです。

 

実際に日本人て英語は話せなくとも話した文を見れば理解できる人って多いんですよね。

 

先生ばかりが英語を話しているばかりじゃ生徒は英語を話さないので、発音どころか、何て読むのかさえ分からない人も出てきます。

 

まずは英語を話さないと話せるようになるわけがありません。

 

日本人の言葉を覚えたばかりの赤ちゃんも日本語がなんて言っているのか分からない時だってあるし一生懸命日本語をお父さんやお母さんに話しているでしょう?

 

それを繰り返してきて今の私たちが日本語を話せるようになっているのですから英語だって同じです。

 

まずは英語を話しましょう。そして発音などに気を付けて相手に伝わるような英語で話せるようになってください。

 

英語の教師が学校のカリキュラムに従ってしか授業をしない

 

日本の英語の授業って英語を話せるようになるためじゃなくてテストで点を取らせるためにしかやっているようにしか思えません。

 

文部科学省が何を言っているのか分かりませんが、

 

英語のテストで100点を取った≠英語が話せる

 

英語のテストで100点を取った=テスト対策をしただけ

 

完全にこれです。

 

日本の英語のテストは、テスト前に教師が配るプリントや習った範囲の文法を暗記するだけで高得点が取れます。

 

英語のテストに英語を話させるテストはあるにしてもおそらくは教科書の対話文を読むだけのテストでしょう。

 

実際に生徒の頭で考えた英文を話させているわけではないので英語が話せるようになるわけがないです。

 

それは英語が話せるようになるのではなく英語が読めるようになるだけです。

 

英語を話せるようになるためには自分で文章を頭の中で考えれるようになることが重要です。

 

自分の頭の中で英文を作り続けることによって最終的に日本語のように自動的に言葉が出てくるのです。

FPSなどのオンラインゲームで海外の人と話そう!

英語を日常的に使う手段としてFPSなどのオンラインゲームで海外の人と話すという方法があります。

 

海外の人とコミュニケーションを取るためには必然的に文章を言葉で話し、それを自分の口で伝えなければなりません。

 

ネイティブの人と英語を話し続けることによって英語が必然的に身に付くという方法です。

 

また、海外の好きなアーティストの音楽を聞いて発音を覚えて歌えるようになったり、

 

好きな海外の俳優の映画を見て、セリフを言えたりすることによって英語が身につくと思います。

 

なので英語を身に付けたければとにかく話してください!話せば英語は身に付きます!