進撃の期間工ブログ

現役の期間工が切磋琢磨してるブログ

世界でもまれに見る信じられない8つの死因

にほんブログ村

f:id:tommy12023861:20190422051039p:plain

バナナの皮を踏んで転落死は本当にあるのか気になる

 

どうも進撃の期間工です!

 日本の15歳から39歳までの死因で一番多いのは自殺で、次に事故死、次いでガンなどの病気となっています。

 

しかし、世界には不運が重なって通常ではありえない死に方をした人がいます。

 

今回は、そんな世界でも稀にしか見ないびっくりする死因を8つ紹介したいと思います!

 

目次です!

 

ビルの窓ガラスを突き破り転落死

f:id:tommy12023861:20190730032031p:plain

1993年、カナダのトロントの弁護士だったガリー・ホイは新入生の建築家の学生たちに

 

ビルの窓ガラスが頑丈であることを証明するために窓ガラスに向かって全力で疾走し、体当たりをしていました。

 

ガリーは、何度もやってきたことだったので安心していつものようにビルの窓に体当たりをしていたのですが、

 

その日はガリーの体当たりにより窓ガラスが割れ、ガリーは24階の高さから落下し、転落死してしまいました。

 

世の中に、絶対はないんですね。

 

噛んでいたガムが爆発し死亡

 

f:id:tommy12023861:20190730032040j:plain

25歳の科学を専攻していたウラジミールはチューインガムが大好きで、毎日ガムにクエン酸を足して味が変わるのを楽しんでいました。

 

ある日、同じようにクエン酸をガムに足していましたが、実はその日は間違えて爆薬をガムに足してしまったのです。

 

そしてウラジミールが、ガムを噛んだ瞬間、ガムは口の中で爆発し、彼の下あごは吹き飛んでしまいました。

 

その後、病院に緊急搬送されたものの、何もできず、彼は息絶えてしまいました。

 

水の飲みすぎで死亡

 

f:id:tommy12023861:20190730032050j:plain

2007年1月27日、28歳のジェニファー・ストレンジは、ラジオ番組の主催する

 

「水を飲みながら、トイレを我慢しよう!」という ふざけた大会に参加しました。

 

その大会では、一番水を飲むことが出来た優勝者に任天堂のゲーム、Wiiが商品として贈られることになっていたため、

 

ジェニファーは、息子の為にWiiを手に入れるべく、約6.5リットルもの水を飲みました。

 

しかし、あまりにも多くの水を飲みすぎたためにジェニファーは頭痛により、大会を途中棄権し、後日、水中毒により亡くなってしまいました。

 

 サボテンの下敷きになり死亡

f:id:tommy12023861:20190730032056j:plain

1982年、アリゾナ州に住むデイビットは、「ベンケイチュウ」という大きなサボテンを的にして射撃の練習をしていました。

 

たくさんのサボテンをハチの巣にして満足だったデイビットの前に立ちはだかったのは、

 

約8メートルにもなる大きなサボテンでした。

 

デイビットは、この巨大サボテンも銃で狙い撃ちし、最後の一発をサボテンに命中させた時、

 

ボロボロになったサボテンは、デイビットの方に倒れ、デイビットは、サボテン親分の下敷きになってしまったのです。

 

まさにサボテンの逆襲ともいうべきその一撃でデイビットは亡くなってしまいました。

 

 ペットの排泄物の臭いによって死亡

f:id:tommy12023861:20190730032101j:plain

2003年、ベルギーに住む男性が、部屋の中でアンモニア中毒によって死亡しているのが発見されました。

 

実は極度の面倒くさがり屋だった男性の家には飼っていたオウムやイタチなどの糞尿がそのまま放置されており、

 

たまった大量の排泄物から発生したアンモニアガスによって男性は中毒死してしまったのです。

 

ゲームのやりすぎで死亡

f:id:tommy12023861:20190730032108j:plain

韓国にあるインターネットカフェでオンラインのバトルシュミレーションゲームを、

 

86時間ぶっ続けでプレイしていた28歳のキムが過度の疲労による心不全で死亡しました。

 

事故の2時間前に、従業員である男性がトイレで気を失っているキムを見つけました。

 

声を掛けると、キムは、なんとか意識を取り戻して立ち上がったのですが、あろうことか、ゲームを続行したのです。

 

その後キムは、倒れて病院に運ばれましたが、既に死亡していました。

 

韓国では、オンラインゲームをし続けたことによる過労死事故が何件も起こっています。

 

ニンジンジュースの飲みすぎで死亡

f:id:tommy12023861:20190730032115j:plain

1974年、48歳の健康マニアのバジル・ブラウンは、ダイエットのためにニンジンジュースにはまっていました。

 

しかしその量は、常軌を逸しており、1日に4リットル、10日間で約37リットルも飲んでいたのです。

 

その結果、肝臓に多くの負担がかかり、肝臓障害によって死亡してしまいました。

 

何事も、やりすぎは禁物ということですね。

 

プランキングによって死亡

f:id:tommy12023861:20190730032124j:plain

日本ではあまりなじみのない言葉ですが、オーストラリアでは一時、

 

「プランキング」という街のいたるところでうつぶせになり、

 

腕を体の横につけてキープするのを写真に撮ってSNSにアップするのが流行っていました。

 

20歳のオーストラリア人のアクトン・ビールはその日、酒を飲みながら、酔った勢いで、

 

7階のビルのバルコニーでプランキングを決めようと、身を乗り出したのですが、

 

体を滑らせて転落死してしまいました。

 

この事故は、愚かな死を表彰する不名誉な賞。ダーウィン賞を受賞しました。

 

ダーウィン賞を受賞した死に方

     ↓

普通はありえない!歴史に残るほどの10個の奇妙な死に方