進撃の期間工ブログ

現役の期間工が切磋琢磨してるブログ

ジル・ド・レェって一体何者?ジャンヌダルクとの関係は?

f:id:tommy12023861:20190822084327j:plain

FGOのジル・ド・レェマジできもい

 

どうも進撃の期間工です!

 ジャンヌダルクを補佐していた英雄であり、

 

多くの少年を虐殺していた殺人鬼としての顔も持つジル・ド・レェをご存知でしょうか?

 

今ではFGOで完全にネタキャラとして扱われているため、ご存知の方も多いと思われます。

 

宝具の触手が気持ち悪すぎて自分としてはあまり好きではないキャラです。

 

そこで今回は、ジル・ド・レェにスポットを当てて、彼の数奇な人生をご紹介いたします!

 

目次です!

 

ジル・ド・レェとジャンヌダルク

1404年にフランスの名門貴族の息子として生まれたジル・ド・レェは幼い頃から何の不自由もなく暮らしてきましたが、

 

11歳の頃、母マリー・ド・クランと父ギイ・ド・ラバールが相次いで亡くなり、

 

祖父のジャン・ド・クランに引き取られることになります。

 

そして1420年、16歳になると祖父の紹介でカトリーヌ・ド・トーアと結婚します。

 

彼女は名門貴族の娘で、ジルはその莫大な遺産を相続することで、フランス国王に次ぐ大金持ちとなります。

 

またその当時、フランスはイギリスと百年戦争の真っただ中でした。

 

イギリス軍の侵攻に加えてフランス国内で内乱・病気の蔓延が起き、国内は混乱していました。

 

1428年にはついに国王シャルル7世がオルレアンでイギリス軍に包囲されてしまい、フランスは窮地に追い込まれます。

 

この窮地を救うべくジルは私財で騎士団を結成し、オルレアンへと向かったのですが、これが1429年のことです。

 

そしてその道中で出会った人物こそがジャンヌダルクであったと言われています。

 

ジャンヌダルクは農家の娘でしたが、神からの啓示を受け、フランスを救うべく立ち上がった人物です。

 

ジルはそんなジャンヌを補佐してシャルル7世を救い、オルレアンの地をイギリス軍から解放することに成功しました。

 

その功績で、彼は騎士の中での最高名誉である元帥の称号を授けられます。

 

ワンピースでいうところの赤犬の立ち位置ですね。(前はセンゴク

 

しかし1430年、ジャンヌダルクがイギリス軍に捕らえられ、翌年1431年に火あぶりの刑に処されてしまいます。

 

ジャンヌをかけがえのない存在だと思っていたジルにとってそれはとてもショックな出来事で、

 

その年からジルは戦争から身を引いて領地に籠るようになってしまったのです。

 

失意のジルと黒魔術師プレラーティの出会い

1435年に祖父が亡くなると、ジルはヨーロッパ全土でも5本の指に入るほどの資産家となります。

 

しかし、どれだけ財産があろうと、ジャンヌダルクを失ったジルの心は未だに閉ざされたままでした。

 

ジルは領国であるチフォージュ城付近に礼拝堂を建て、豪華な宴会を繰り返し開催していくようになります。

 

宴席には聖歌隊の美少年らが参加しており、彼らは聖歌を歌うだけでなく、宴会の参加者に酒を注ぐ役割も担っていました。

 

ジルはそんな少年らにみだらな要求をするようになり、次第に男色に染まるようになりました。

 

そのような生活を続けていた結果、ジルの財産はどんどん少なくなっていき、困った彼は領地を金に変えるようになります。

 

それでも金が足りなくなったジルは今度は錬金術に頼るようになりました。

 

実はジルは幼いころから勉学が好きで、古典文学、ラテン語に精通し、難しい書物を読むこともでき、まさに秀才でした。

 

当時の世界では錬金術は禁止されていたのですが、ジルはヨーロッパ各地から錬金術師を集め、

 

なんとか金を生み出そうと躍起になったのです。そしてジルは黒魔術にも手を出し始めます。

 

黒魔術とは、悪魔と契約することで錬金術の奥義を手に入れられるというものです。

 

しかし、ジルが探し出した錬金術師や黒魔術師は詐欺師や無能者ばかりだったそうです。

 

そんな中、イタリア人の黒魔術師フランソワ・プレラーティが現れます。

 

彼の能力にジルは惚れこみ、2人は悪魔バロンの召喚に熱中し、そのために生贄を捧げるようになりました。

 

幼児大量虐殺、そしてジルの処刑へ

黒魔術に没頭したジルは悪魔への生贄を口実に近隣から少年を集め、自らの性欲を満たすべく彼らを虐殺していきます。

 

例えばジルはある少年を壁に吊り上げ、少年が恐怖におびえた様子を確認すると壁からおろしてやり、

 

「もう大丈夫だよ」と声をかけます。

 

少年が安堵した表情を見た瞬間に首をスパっと!またある時は、少年の手足を生きたまま・・・。

 

そしてその悲鳴を聞いては喜んでいたとされています。

 

そんなジルの転機は1440年9月13日でメルモント城の売却にあたってのトラブルがきっかけで逮捕されることとなります。

 

その裁判の場で、ジルは自らの過ちを認め、錬金術や黒魔術、そして少年虐殺のことを詳細に告白して世間を驚かせました。

 

彼の心にはまだ神への恐れがあったのかもしれません。

 

実際にジルの手によって殺された少年は800人以上いると言われています。

 

彼の領地であるシャントーセ城には死体を詰めた樽が見つかり、召使いらも死体を見たことがあると証言していました。

 

その後の1440年10月26日、ジル・ド・レェは36歳の若さで処刑されます。

 

かつてジャンヌダルクと共にフランスの英雄となった男の最期は、

 

幼児大量虐殺者、異常者というなんとも残念なものとなってしまったのでした。

 

ジャンヌダルクが生きてさえいれば、生涯英雄として生きた人物なのかもしれません。