進撃の期間工ブログ

現役の期間工が切磋琢磨してるブログ

女の子は本当に大変!思春期の女の子に起こる5つの変化

 

にほんブログ村

f:id:tommy12023861:20190422051039p:plain

生理はマジで大変

 

どうも進撃の期間工です!

 女の子が思春期を迎えると、様々な変化が起こり始めます。

 

生理現象によって、イライラしたり、太ってきたりします。

 

何のことか分からないというあなたは、まだお子様なのでしょう。

 

今回は、実際に思春期の女の子の体に起こる5つの変化を紹したいと思います!

 

目次です!

 

胸が張って痛む

思春期を迎えると、女の子は胸が膨らみ始めます。

 

これによって乳房が張って痛んだり、左右同時に成長しないことがありますが、

 

それは自然なことなので、心配しないでください。最終的にはほとんど同じ大きさになるはずです。

 

また、急速に成長すると、胸やおしり、また太ももの辺りにストレッチマーク(肉割れ)が出来るかもしれません。

 

このストレッチマークは時間がかかりますが、自然と消えていきます。

 

乳房の痛みも数カ月で消える人もいますが、3年から4年続く人もいます。

 

どちらにせよ、その痛みも自然に無くなるので、心配しないでください。

 

太り出す

女の子は思春期を迎えると、お尻や太ももなどが、丸みを帯びて、脂肪が付きやすくなります。

 

これは、下半身に脂肪を付けることで、妊娠に備えた、衝撃に強い体になっているのです。

 

もちろん、この脂肪の付き方には個人差があり、年頃の女の子は痩せたくて、食事を我慢する傾向にありますが、

 

赤ちゃんを産むためにも、ある程度の脂肪が必要!と考えれば、気が楽になりませんか?

 

生理が始まる

女の子は、7歳~13歳の間に、卵巣が女性ホルモンを分泌し、生理が始まります。

 

生理と言われても、あまりピンと来ない男子もいるかもしれませんね。

 

女の子は生まれた時に、卵巣の赤ちゃんを作るために必要な、複数の「卵胞」を持っています。

 

卵胞とは、卵子を包むための風呂敷のようなものです。

 

思春期になって赤ちゃんができる体になると、体は毎月、「卵胞」を卵巣から卵管を通って子宮に移して、

 

いつ赤ちゃんが出来ても良いように準備し始めます。

 

しかし、赤ちゃんができる見込みがないことが分かると、体は5日~7日を費やして、

 

いらなくなった卵胞を排出します。これが「生理」です。

 

生理中は、ホルモンが急増するため、精神的にイライラしたり、不安になることがあります。

 

初めて生理を迎えると、戸惑ってしまい、思わぬ恥ずかしいアクシデントに見舞われることもありますので、

 

前もって生理用ナプキンを準備しておくようにしましょう。 

 

ちなみに、この生理は10歳~15歳ぐらいから始まって50歳くらいまで続きます。

 

毛が生える 

 男の子も思春期に毛が生えるように、女の子にも、わき毛や陰毛、太ももに毛が生えてきます。

 

とはいっても、今時の女の子は、しっかりと処理しているので、男子は、あまり気が付かないかもしれませんね。

 

女の子の場合、この時期は、化粧をし始めたり、とにかく見た目を気にし始める頃なので、

 

不安になることもあるかもしれませんが、心配しないでください。誰もが通る道です。

 

背が伸びる

こちらも男の子と同様に背が伸びてきます。

 

しかし、女の子の場合は思春期を迎えてから、5年後には身長の伸びは、だいたい止まります。

 

なので、そこまで高身長にはならないかもしれませんね。

 

以上が女の子が思春期に起こる変化です。 いやはや女の子は大変ですね。

 

女の子には優しく、肝に銘じておいてください。