進撃の期間工ブログ

現役の期間工が切磋琢磨してるブログ

バカッターのせいで解雇!?ツイッターで仕事をクビになった5人の人々

にほんブログ村

f:id:tommy12023861:20190422051039p:plain

バカッターとかつまらん。特定されるだけだし

 

どうも進撃の期間工です!

 誰もがツイッターで好きな事を自由にツイートできますが、絶対にツイートしてはいけないこともありますよね。

 

例えば、熊本地震の時に、動物園からライオンが逃げたというツイートがまさにそれです。

 

このように少し考えれば分かることでも、ツイッターになると、おかしくなって、一線を越えてしまう人もいます。

 

今回は、そんなツイッターで人生を棒に振った人々を5人紹介したいと思います!

 

目次です!

 

仕事に対する不満をツイートして解雇

2009年3月、カリフォルニア大バークレーに在学していたコナー・ライリーは、

 

パソコン周辺機器メーカーのシスコの面接を受けて見事に合格しました。

 

華々しく一流大学から一流企業への就職を決めたライリーは少し調子に乗っていたのでしょう。

 

シスコからの合格メールが届いた瞬間に、

 

「シスコから合格通知が来たわ。毎日出勤とかだるい。仕事も面白くなさそうだし、まぁ給料が良いから我慢するか」

 

というツイートをしていしまいました。

 

このツイートを、たまたまシスコの採用担当者が発見し、めでたく採用は取り消されることになりました。

 

ナチョスを使ったバカッターで炎上して解雇に

タコベルは日本ではあまり馴染みがありませんが、タコス、ブリート、ナチョスなどを提供するファストフード店です。

 

2012年7月に、そんなタコベルに勤めるキャメロン・ヤンコウスキーが

 

ナチョスに自分のおしっこをかけている写真をツイッターに投稿しました。

 

もちろん、それをお客には出していませんし、ただのジョークだと本人は主張しましたが、

 

後の祭りで、ツイートは大炎上。

 

アメリカ中の人からタコベルは非難され、結局彼は解雇されました。

 

熊本震災のライオンが出たツイート

f:id:tommy12023861:20190721125734j:plain

日本でも最近よくニュースになっているのが、災害時のデマツイートです。

 

日本で起こった熊本地震の際に神奈川県に住む20歳の会社員の男がつい出来心で、

 

「おいふざけんな、地震のせいでうちの近くの動物園からライオン放たれたんだ。熊本」

 

というツイートをしてしまいました。

 

写真のインパクトが凄まじく、一瞬で2万リツイートまで拡散し、警察にもお問い合わせの電話が殺到しました。

 

しかし、この写真は、南アフリカ共和国ヨハネスブルグで道路を閉鎖し、撮影された映画のワンシーンで、

 

そもそも日本ではない写真だったのです。

 

途中でこのツイートは削除されましたが、後にこのツイートをした男性は業務妨害の容疑で逮捕されました。

 

災害時にネタツイートをするのはもちろんダメですが、信憑性のないツイートをリツイートすることも問題視された事件でした。

 

車の運転の愚痴をツイートして解雇

自動車メーカー「クライスラー」の広報をしていたスコット・バートウは、

 

仕事終わりに、渋滞に巻き込まれてイライラしていました。

 

そして、「デトロイトは車の街だが、運転の仕方が分からないクズばかりだな。」

 

というツイートをしました。

 

これくらいなら、別に日本でもそこらへんにあふれているようなツイートですが、

 

あろうことか、スコット・バートウはクライスラーの公式ツイッターアカウントからこのツイートをしたのです。

 

車を売っている会社のツイッターからこんなツイートが流れて来たらびっくりしますよね。

 

案の定、彼はその後、会社をクビになりました。

 

ジョークをツイートして解雇

2013年12月、インターネット会社インターアクティブの広報役員である

 

ジャスティン・サッコは、ロンドンからケープタウンへのフライトに搭乗する前に、

 

「今からアフリカに行ってくる。エイズをもらわなきゃいいけど、私は白人だから大丈夫かな」

 

と黒人を差別するようなツイートをしました。

 

そしてフライト中はずっと眠りながら過ごし、12時間のフライトから降りると、

 

そのツイートは大炎上しており、彼女は慌ててこのツイートを削除し、自信のアカウントも削除しました。

 

しかし、既に多くの人がこのツイートを目の当たりにしてしまったため、会社は彼女をクビにしました。